残業代請求の
証拠

残業代を請求する際の証拠としては以下のようなものがあります。

残業代を請求するには、労働時間に関する証拠が必要です。労働時間とは、労働者が使用者の指揮命令下に置かれている時間のことをいいます。
労働時間に当たるかどうかは、実労働時間で算定され、契約等の定めによって決まるものではありません。
労働時間に当たるといえるためには、客観的な証拠が必要とされます。客観的な証拠とは、例えば以下のようなものです。

  • タイムカード,IDカード,上司の承認印など
  • パソコンのログ,メールのタイムスタンプ
  • 自動車運行記録(タコメーター)
  • 携帯電話の通話記録・携帯電話のメールの送受信記録
  • 警備会社の警備記録
  • 出退館簿(退館者のサインがあるものが有効)
  • 業務日報
  • 営業記録
  • 報告書
  • 同僚の記憶(陳述書・証言)
  • 同僚が保有していた同僚の労働時間に関する資料
  • 労働者自身の、または家族の手帳の記録,メモ
  • 家族の記憶(陳述書・証言)
  • 営業時間
  • 会議の時間(会議の参加が確認でき、会議の時間が特定できる場合)

片山ひでのり法律事務所が
選ばれる理由

1

静岡駅から徒歩2分

片山ひでのり法律事務所は、静岡駅南口から徒歩2分の場所にあります。

2

平日19時まで

平日は19時まで営業しています。お仕事帰りでもご来所いただけます。

3

土曜日も営業

平日は遅くまで仕事がある方でもご来所できるよう土曜日(隔週)も営業しています。
土曜日の営業日は、相談予約の際にご確認ください。

4

地域に根ざした法律事務所です。

弁護士片山ひでのりは静岡県藤枝市出身です。
静岡学園高校を卒業後、慶応大学を卒業し大手金融機関に勤務した後入学した中央大学ロースクールを卒業後司法試験に受かり弁護士になりました。
静岡市建築紛争調停委員・静岡市土地利用審査会委員・焼津市建築審査会委員に就任しており、また別の立場から地域に貢献できることを光栄に思っています。

5

お客様のカルテがあります。

片山ひでのり法律事務所では、お問い合わせいただいたお客様のカルテを作成しています。
次にご相談にいらした際には、前回の続きからスムーズに相談に入ることができます。
また、利益相反のチェックも万全。相手方からの相談を間違えて受けてしまうことはありません。

クレジットカード決済ができます。

Responsive image

片山ひでのり法律事務所は
プラン・インターナショナルを
支援しています。

Because I am a Girl 世界の女の子に、生きていく力を 国際NGOプラン・インターナショナル

離婚・親権は初回30分無料

詳しくはこちらへ