Responsive image

静岡の離婚は
静岡で
実績ある弁護士に
ご相談ください。

初回法律相談は
30分無料

お客様の声

今回相談にのって頂き、ネットなどで得た知識では実際に役に立たない事がわかりました。
個人のケースによって戦法が変わってきて、そのアドバイスを適当にいただけたのでとても参考になりました。

30代 男性

片山ひでのりの
離婚・親権の実績は
423

離婚関係の調停・訴訟は、のべ423件を受任しており(2021年5月現在)、常時10件程度の案件を受任しています。
特に静岡県内の家庭裁判所の案件数は多く、各家庭裁判所の調停員の傾向まで熟知しています。

離婚について
もっと詳しく
調べる

初回の法律相談は
30分 無料

片山ひでのり が

離婚に強い 3つの理由

1

共感力

一緒にあいつと戦おう!
法律的な質問に答えるだけなら、ネットで検索してもいいし、本で自分で調べることもできます。それでも、弁護士に依頼した方が良いのは、あなたと一緒に戦ってくれる人が必要だからです。
あなたの弁護士には、あなたと一緒に戦う覚悟がありますか?

2

豊富な実績

離婚関係の調停・訴訟は、のべ256件を受任しており(2019年6月現在)、常時10件程度進行しています。
特に静岡県内の家庭裁判所の案件は多いため、各家裁の調停委員の傾向なども熟知しています。

3

戦略的な思考

離婚の案件では、戦略的な思考が必要とされます。
離婚の案件は、どの弁護士でも扱っていますが、交渉を戦略的に進める弁護士は多くはありません。
どのカードを切るか、相手はどう出てくるか、自分の手持ちのカードをいかに有利に使うか、心理面も含めた駆け引きが必要となります。
実を言うと、離婚の法律相談では、いろいろな弁護士に相談してから、片山に相談に来て欲しいと思っています。
他の弁護士の法律相談と、ぜひ比べてみてください。

他の弁護士と
比べてみてください。

片山ひでのりからの
メッセージ

静岡市で開業して以来、離婚の案件は、数多く扱ってきました。静岡市近くを中心に、浜松市や富士市など、静岡県内から多くのご依頼をいただいております。
男性の方からも女性の方からも、お問い合わせをいただきます。
時には両方の当事者の方からお問い合わせをいただくこともあり、その場合は、利益相反にならないよう、後からお問い合わせをいただいた方をお断りしております。
ただ、離婚案件は、どの弁護士でも取り扱っていますから、どの弁護士に依頼してもそれほど変わらないと考える方もいらっしゃるでしょう。
本当のことを言えば、離婚案件については、一度、他の弁護士に相談してから私のところに相談にきて欲しいと考えています。
離婚のトラブルは、当事者の人生の大きな部分を占めてしまいますから、依頼者も必死、相手方も必死になります。エゴとエゴのぶつかり合いになることもあります。そのような状況をうまく弁護士がコントロールし、弁護士は、最終的には、依頼者が人生の次のステップに進めるようにしなければなりません。
そのためには、弁護士の方にも、それ相応の資質が必要とされます。弁護士の資格は、司法試験に合格すれば得ることができますが、すべての弁護士が、弁護士に必要とされる資質を身につけているわけではありません。
弁護士に必要とされる資質の一つは、相手の心に寄り添うことだと私は考えています。
離婚の依頼者の方は、心身ともに疲れ切っている方が多いです。うつ病などメンタル面で問題を抱えてしまっている方もいます。
そのような場合、まずは、依頼者に内面を話してもらうことに注力します。そして、依頼者がどうしても譲れないこと、本当に望んでいることなどを、お話しを伺う中で整理し、内面の整理のお手伝いをします。これは依頼者自身の体制を立て直して、調停や訴訟などに立ち向かう気力を養ってもらう必要があるからです。
また、調停や訴訟になれば、相手方の出方を慎重に探り、その時にできるベストの対応をして行く必要がありますから、弁護士には相手の心を読む洞察力も必要とされます。
もっと言えば、訴訟では結局は裁判官の判断次第というところがありますから、裁判官の目線を常に意識しつつ、訴訟を進めることも必要になってきます。この点でもやはり洞察力が必要とされます。
離婚の案件は、ただ単に裁判で相手に勝つことだけがゴールではありません。依頼者の方が人生の次のステップに進む準備をすることが最終的な目的地です。弁護士はそのために法律的な問題を解決し、環境を整え、そのためのお手伝いをします。

弁護士 片 山 栄 範

Because I am a Girl 世界の女の子に、生きていく力を 国際NGOプラン・インターナショナル

離婚・親権は初回30分無料

詳しくはこちらへ